カートをみる ご利用案内 お問い合せ サイトマップ
RSS

野菜や果物の隠された力



野菜や果物に隠された力

黒焼き製法は古くから利用され、自然のものを丸ごと黒焼きにして、食することが民間療法として使われてきました。その製法とは、空気を遮断した状態で焙煎して作ります。「黒焼き」とは「黒焦げ」とは違い空気を遮断して焙煎することで、 植物の持つ栄養素や非栄養素の成分を凝縮し、丸ごと閉じ込めてしまい、その薬効は、健康増進、 免疫力、自然治癒力の向上、体内毒素の排泄作用、遠赤外線効果、さらにはビタミン、ミネラル、ケイ素 (血管、心臓などの循環器系の健康に欠かせない)の増加に効果があるといわれています。

フアィトケミカルとは

抗酸化を意識した食生活をはじめるためには、「フィトケミカル」にも注目!! フィトケミカル(ファイトケミカルとも言う)の「フィト」とは、ギリシャ語で「植物」のこと。 植物が紫外線の害や虫などから自らを守るために作り出した物質なのだ。おもに植物の色素や香り成分、アクなどに含まれている。 今や食物繊維に続く「第7の栄養素」として注目されているフィトケミカル。植物全般に含まれるため種類が多く、栄養効果も多彩なのが特徴。 そして、最も注目に値するのは、黒焼きにする ことで、赤外線効果、マイナスイオン効果、と合わせて活性酸素から体をガードする抗酸化作用、毒素の吸着排泄が高くなる。

ファイトケミカルの食材

 ファイトケミカルはおよそ1万種類もあり、おもに野菜や果物に含まれている。有名なのは、ワインに含まれるポリフェノール。ポリフェノールは、 種類以上あるといわれる黄色い色素のフラボノイドと非フラボノイドとに分けられ、さらにアント シアニン類、イソフラボン類などに分類される。「勝て!菌」の名で注目を浴びた緑茶に含まれるカテキンもポリフェノールの一種。 フィトケミカルはポリフェノールのほかにもいくつかのグループがあり、実にさまざまな植物に含まれている。

赤ワインやブルーベリー、黒豆などに含まれる黒や青い植物の色素、ポリフェノールは、フラボノイド、イソフラボン、タンニン、カテキン、ケルセチン、アントシアニンなど、 植物に含まれる色素や苦味、 渋み成分などの非栄養素(機能性成分)の総称です。

植物は、光合成によって、色素や苦味成分を作り出し自分の身を守ります。この成分は、私たちの体内では、『活性酸素』として侵入してきたウィルスやガン細胞と 戦います。しかし、この活性酸素はストレスや紫外線、喫煙などの日常生活によっても作り出されてしまいます。 過剰に増えすぎた活性酸素は、正常な細胞を攻撃したり、悪玉コレステロールと結びついてコレステロールを酸化させたりします。

酸化したコレステロールが血管内にたまると動脈硬化の原因になってしまうなど、体にとっては非常に問題が大きく、活性酸素除去、毛細血管保護、 視力回復、皮膚、コラーゲンの生成促進、脂肪肝、高血圧予防の効果も期待されています。

ページトップへ