カートをみる ご利用案内 お問い合せ サイトマップ
RSS

ビー・マン(メンズ)男性特有の残尿の漏れをを解消、骨盤の矯正もうながします。


男性特有の残尿漏れの原因の大半が下着にあります。 男性用下着の前開きの構造は、全世界共通になっており、残尿の漏れも世界共通の現象なのです。
では、何故このような問題が起きるのでしょうか。それは、放尿のスタイルによって若干の差はあるが、下着の前開きやウエストゴムによる尿道の圧迫が最大の原因です。 この残尿の漏れのメカニズムを解明し、男性の身体と下着の関係を人間工学的に分析することで、その根本原因を突き止めました。 前開きの構造、形状、開き位置から生まれる構造的力学を分析した結果、 前開きの締め付けの力の特徴を解明し、ほぼ回避できる前開きが完成しました。
それが、3D構造のクロッチです。(上図-1)さらに、大殿筋の衰えと残尿の漏れとの関わり、大殿筋と括約筋との密接な関係も解りました。 そこで、大殿筋の筋力アップには、お尻を上げて筋肉を動かす必要があり、 そのため力学的に計算された構造を完成させました。
それが、エアースルーを備えた、円錐形のヒップカップです。大殿筋の伸縮のサポートをし、筋力アップを可能にしました。 お尻を締め付けないで引き締め、形の良いヒップにすることが筋力アップにつながります。その構造が 骨盤の矯正を促し、 その作用は代謝を早め、見事なプロポーションに仕上がります。

●購入前の注意

バトックス・ブラは、前例の無い下着で、お尻を締め付けないでヒップアップを可能にしたお尻のブラジャーです。 これまでの下着とは全く違い、正確なヒップ寸法が必要です。お尻を締め付けないで上記の要領で、正確なヒップ寸法を基準にして、 サイズ表の中から選んでください。サイズを合わせることで、履き心地も効果も期待できます。

●着用時の注意

  • ウエストラインの前部分は、ヘソより下(ツボ)に設定しています。
  • 後ろ裾は緩く設定しているので、中腰にしてお尻を突き出すと、後ろ裾には隙間ができます。
  • バトックス・ブラは1枚ばきで、他の下着と重ね穿きはしないでください。パンティストッキングを重ねて 穿く場合は、サポート性の少ないもので、ノーマルなものをバトックス・ブラの上に重ねてください。
  • ブリーフやボクサーパンツ等の、足繰りや足口が締め付けられるものは、穿かないでください。
  • 1〜3ヶ月間はバットクス・ブラ以外の下着は穿かないでください。就寝時は、特に裾にゴムのないもの等の締め付けのない下着を穿いてください。
  • 着用されて、腰が重く感じたり、背中や肩にだるさや軽い痛みを覚えられる方は、大きく姿勢が矯正さ れた結果です。2〜3日から1週間程で慣れてきます。 どうしても慣れないと思われるかたは、着用を止めて、お問合せください。
  • 生理の時は、生理用品を着けてバトックス・ブラを穿いてください。(就寝時も同様です)
  • 腰痛でコルセットをご使用の方は、コルセットをはずしてご使用ください。

●買い換えの時期

バトックス・ブラを穿くことで、サイズダウン、またはサイズアップする可能性があります。時々、ヒップ寸法を測り、サイズを確認してください。寸法に変化が現れた場合、寸法に合わせて買い換えてください。 また、生地のストレッチ性はポリウレタン(ゴム)が入っているためで、そのゴムは毎日の洗濯や重たいお尻を支えているため、ストレッチの耐久性が弱まり、お尻のヒップカップ部分に、たぶりが目立ってきた場合は買い換えをお勧めします。 (ヒップ寸法が安定した後、通常で3〜4ヶ月に一度は買い換えてください。)

●取扱い注意

  • 洗濯は手洗いでお願いいたします。(洗濯機を使用される場合は、ネットに入れてください。)
  • ナイロンポリウレタンを使用していますので、乾燥機、タンブラー乾燥はお避けください。
  • ヒップカップの切りっぱなしの切り口に、ポリウレタンの白い糸が飛び出し ている場合がありますが、引っ張らずに、飛び出した部分だけをハサミで切り取ってください。 この切り口は、縦編みのほつれない特徴を活かしたカッティングですので、ほつれません。
  • 分からない事や疑問に思われる事は、お気軽にお問合せください。
品番
 PM-101
商品名
B.MAN®( ビー・マン® メンズ)
素 材
ナイロン70%、ポリウレタン30% / クロッチ:綿100%
サイズ展開
A(SS)〜I(7L) 上記サイズ表参考
展開カラー ブラックのみです。
小売価格 7,020円(税込)


ビー・マン(メンズ)男性特有の残尿の漏れをを解消、骨盤の矯正もうながします。

価格:

7,020円 (税込)

サイズ:
カラー:
購入数:

在庫

在庫あり

返品期限・条件 返品についての詳細はこちら

ページトップへ